[PR]

 同性カップルらを結婚に準ずる関係と認める仕組みを札幌市につくろうと、市内の性的少数者(LGBT)や弁護士らが活動を始めた。同様の制度は東京都渋谷区などで昨年始まるなど、広がりを見せている。札幌で創設されれば、政令指定市で初めてとなる。

 「30歳を過ぎて初めて同性に恋愛をしました。でも私たちの関係は社会的には認められていないのです」

 5日夜。札幌市の札幌弁護士会で、50代の女性が市議約10人を前に語った。女性はレズビアン(女性の同性愛者)。現在、交際歴20年になる女性と暮らしていることなどを打ち明け、ほかに3人の性的少数者もそれぞれの境遇を語った。

 この場を設けたのは、市内の性…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら