[PR]

 越前市池泉町の味真野小学校の校庭で樹齢140年を超える桜のエドヒガンが満開になり、多くの家族連れらでにぎわっている。

 校庭の中央に、学びやを見守るように立つ。高さ約15メートル、幹回り約3メートル、枝張りは南北約17メートル、東西約20メートルで市文化財にも指定されている。この一本桜をひと目見ようと、県内外から7千人前後が訪れる。

 例年、入学式の頃に満開となるが、暖冬の今年は、早い見頃を迎えた。16日までの予定で、午後7時から9時45分、地元の有志「さくらぶ」によるライトアップも楽しむことができる。(山本潤子)