[PR]

 来年4月から、東京都心のタクシーで初乗り距離が短くなり、運賃も安くなりそうだ。現在の「2キロ730円」が、1キロ強で400円台になる見通しだ。高齢者や子連れ客らに、買い物などの近距離でも気軽に乗ってもらうねらいがある。

 大手の日本交通が5日、23区と武蔵野市、三鷹市を含む営業区域の運賃改定を国土交通省に申請する。初乗り距離を1・059キロに縮め、運賃は410円。その後、235・25メートルごとに80円を加算し、2キロ時点で730円とする。

 国交省は3月に、2キロ時点でいまと同じ730円になる設定なら、運賃の「組み替え」とみなし、値上げの場合と比べ審査を簡単にすることを決めていた。最初の申請から3カ月以内に、地域の総車両台数の7割を超えるタクシー会社が同じような申請をすれば、国交省が審査を始める。国交省が認可すれば、地域全体に同じ料金体系が適用されることが、道路運送法などで決まっている。ほかの大手も前向きとみられ、短く安い初乗り運賃が実現する公算は大きくなっている。

 初乗りの引き下げは、国交省が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら