[PR]

 文学座の新しい劇団代表に俳優の江守徹さん(72)が選ばれ、3月23日に就任した。任期は6年。

 江守さんは1月末の劇団代表選挙で選ばれ、3月23日の劇団総会で承認された。前代表の加藤武さんは在任中の昨年7月31日に86歳で亡くなった。

 江守さんは1962年文学座研究所入所。初舞台は翌63年の文学座「トスカ」。代表作は「ハムレット」「審判」「シラノ・ド・ベルジュラック」などで、最近では2015年の文学座アトリエの会「リア王」に主演した。「アマデウス」などの戯曲の翻訳や「ウェストサイドワルツ」の演出など、幅広く活躍している。(山根由起子)