[PR]

 大手銀行6行への住宅ローンの借り換えの申込件数が3月に計約2万3600件となり、前年同月の3・6倍に増えたことがわかった。日本銀行がマイナス金利政策を導入した2月は同1・8倍だったが、ローン金利が過去最低水準に下がり、申し込みが急増した。

 三菱東京UFJ、三井住友、みずほ、りそな、三井住友信託、新生の各行の3月の申込件数を朝日新聞が集計した。3月契約分の当初10年固定の最優遇金利が年0・5%と特に低かった三井住友信託は同6倍、年0・8%だった三井住友も同4・7倍になった。

 一方、新規の借り入れの申込件数は計約4万1700件と同2割増で、前年より減った銀行も複数あった。ある大手行は「住宅価格が高すぎて、新規を伸ばすのは楽ではない」と話す。(藤田知也)