[PR]

 柏市で地域を盛り上げようと、市民有志が市内を紹介するアニメ「超普通都市カシワ伝説」を制作し、動画投稿サイトのユーチューブで第1話の配信を始めた。「柏ご当地アニメ」として全20話を作る予定だ。

 制作したのは20、30代の市在住者らでつくる「できる街プロジェクト」。インターネットで資金を集めるクラウドファンディングで制作費を募り、声優は市内に通学する高校生ら16~23歳の女性5人をオーディションで選んだ。題名の「超普通都市」には「普通ではない、いろんなことができる街」の意味が込められている。

 アニメは、市内の観光地や街中などの実写を背景に、女子中学生やマスコットキャラクターが登場し、柏をPRする。第1話と今月末に配信予定の第2話は手賀沼が舞台となる。同プロジェクトの楠本慶彦さん(28)は「アニメを見て多くの人が柏に来てくれたら」と話している。