[PR]

特集(就活面接の裏側)

 就職活動で、逃れられないのが面接試験です。中央大学の池田浩二・キャリア支援課長は、面接に苦労している学生に本音でぶつかっています。学生の思い込みを打ち砕かないと、内定獲得に近づけないからです。面接試験のイロハを、歯にきぬ着せずに語ってもらいました。

 ――面接試験に苦戦する学生には、どのような傾向がありますか。

 「受験であれば何点だったと結果が出て、落ちた理由も納得しやすい。でも面接試験は点数がありませんよね。すると人間は必ず、自分のほうを良しとします。落とした企業の方がおかしいと。そこで現実を見させることが、僕らの役目です。自分の頭の中だけで、落とされた理由を勘違いして、また面接に臨む。それでは落ち続けます」

「赤身」だけでは輝かない

 ――学生には、どんなアドバイスを?

 「人柄がにじまない受け答えをしないこと。これが、まず大事です。面接で学生が話すことは、大体サークル、ゼミ、アルバイトの3パターン。就職本を見ても、この三つから探しなさいと書いてありますが、疑問に感じます。学生も就職活動のマニュアル本の模範解答を丸写しして、主語を自分に置き換えたような話をする人が多い。面接する側から見ると、付け焼き刃の受け答えは分かってしまう」

 「自己PRの流れも似通ってしまいがちです。『ゼミ長として、意見がぶつかりがちなメンバーをまとめました』『アルバイト先で作業マニュアルをつくりました』『サークル長として飲み会を開いて絆を深め、活動を盛り上げました』。それでは、面接官を引きつけられません。マグロで言えば、赤身ばかり並べているようなもの。だから、輝かないのです。しかし学生の中にはしっかり大トロになる話題が眠っている。ただ、見つけられていないだけです」

 ――どうやって、自分の大トロや中トロを見つければいいのでしょうか。

 「探し方として、私は普段の暮らしを聞いています。例えば、一人暮らしをしていて、料理が得意ですと。それは大したことじゃ無いと思うかもしれないけど、実はすごいことだよ、とアドバイスします」

 「深掘りしていくと、面接では例えばこうしたことが言えます。一人暮らしをして自炊をする中で、両親がいかに家計をやりくりして、おいしいご飯を作ってくれたか分かった。自分でチャーハンを作るときも、具材にチャーシューが入れられるときもある。でも財布が苦しいと、ハムだけ、もやしだけのときもある。決して楽ではないけれど、日々知恵を絞ってやりくりする楽しさを知った。何よりも小さな工夫を積み重ねれば、困難を乗り越えられるという信念が身につきました」

 「日常の何げないことに、学生の人間性・人柄がにじみ出るものです。そういうことを素直に表現できるように考えておく。話の引き出しを一つでも増やしておくと、面接で赤身を輝かせる大トロになるはずです」

「グローバル企業」はいっぱいある

 ――ほかに陥りがちな面接での失敗は何ですか。

 「企業はなぜ他社ではなく、うちに入りたいんですかということを聞きたがっています。面接でその点を二度、三度と深掘りして聞かれても答えられれば、私は面接は受かると思っています。しかし、学生は意外とこの点を軽視しがちです」

 「企業への理解が浅いと、志望動機がどの企業に対しても同じになってしまう。グローバルな企業で英語力を生かしたいとか。女性でも活躍の場を与えてくれるところが魅力だとか。企業側から見ると、それだけなら、うちに入社しなくてもいいじゃないか、となる。今時、グローバルな企業なんていっぱいあるよと」

 ――企業への理解を深めるには、どうすれば?

 「優先度の高い志望企業を10社ぐらいに決めたら、一社一社について『なんで入りたいのか』と考えてください。10社はバラバラの業界でもいい。三井住友銀行とキユーピー、花王でもいいんです。でも、それぞれ銀行の中でなぜ三井住友なのか、味の素じゃなくてキユーピーなのかは、ちゃんと考えないと面接で戦えない。企業には、絶対に競合他社がいる。なぜ競合他社じゃなく、この企業に入りたいのか答えられるようにして欲しい」

 「そのためには、まず企業の歴史を学ぶこと。公式サイトや関連書籍、社史などを見れば、歩みが分かります。歴史こそが、企業の特性や強みを生み出しています。さらに、将来この会社はどうなるか予想を立てて欲しい。例えば自動車業界ならいつまでもガソリン車があるのか? 次は水素なのか、燃料電池車なのか。エコノミストじゃないから正解じゃなくてもいい。間違いでもいいから、自分の頭で考えて面接で意見を言えるようにして欲しい」

自分の「素直さ」伝えよう

 ――面接がうまくいかず、落ち込む学生もいると思います。

 「人柄や見た目で落ちたんじゃないかと自信を失う学生も多いですね。しかし、これまで話した基本ができておらず落ちている学生が大勢います。面接で手応えが得られず、企業は学生のどこをみているんですかともよく聞かれます。私は『素直さを見ているんだよ』と答えるようにしています」

 ――素直さ、ですか。

 「この人、素直そうだなと面接官に伝われば絶対受かるよと言っています。学生に未熟な点があることは、企業も分かっています。だからこそ、入社してから知識や技術、マナーをしっかり学んでくれる、素直さがある学生を求めている。何げない日常から学んだことを面接で話せるようにしておくのも、そのためです」

 「細かい振る舞いでも、素直さは伝えることができます。学生の中には、私と話していても、目をちらちら動かしている人がいます。集団面接でも、ほかの人が話しているときの態度はどうだったのか。学生に聞くと『いや、多分普通にしていました』と。普通じゃだめなんだよ。うんうんと、大きくうなずくんだよ、とアドバイスをしています」

 「付け焼き刃ではない素直さは、普段両親や友人と接するなかでも身につけることができます。学生の皆さんは、両親から『就職活動はどう?』と聞かれて、面倒だなと適当に答えていませんか? 両親を安心させられるように、しっかりと答える。アドバイスに耳を傾ける。そんな日常の何げないことも、面接に役だってくるんですよ」(信原一貴)