[PR]

 国の特別天然記念物タンチョウが今冬、北海道の調査で過去最高の1320羽確認された。生息地の住民や環境省の保護活動によって、この30年間で3倍以上に増えた。釧路湿原を中心とした道東地域はすでに、巣が近接したり人里に近くなったりの「過密状態」。春から秋は子育てのために道内各地に分散するつがいもおり、札幌に近い道央地域で越冬も確認された。

 タンチョウは江戸~明治期の開発や乱獲で減少が進み、道が調査を始めた1952年度は、釧路湿原を中心に33羽が確認されただけだった。その後、周辺住民らによる給餌(きゅうじ)や保護活動で徐々に増え、ここ5年間は千羽を超えている。NPO法人「タンチョウ保護研究グループ」(釧路市)の調査では、2015年に1550羽を確認した。

 分散傾向は00年代に入ってみられるようになった。タンチョウは毎春、釧路湿原などからその周辺へ、さらに網走市や数百キロ離れた稚内市周辺にまで移動して卵を産み、ヒナを育てている。だが、冬になると湿原や河川が凍って餌がとれず、9割以上が官民の給餌場が集中する道東地域に戻って越冬する。

 環境省は、感染症拡大のリスク…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも