[PR]

 新生活で新たにクレジットカードを持ち始めた人もいるでしょう。買い物には便利ですが、よく理解して使わないと返済額が膨らんでしまうことも。注意点をまとめました。

 クレジットカードは、カード会社が申し込んだ人の年収やカード利用履歴などを審査し、発行の可否や利用限度額を決める。

 カードの利点は、現金を持たずに買い物ができること。海外への旅行、出張の際は両替をせずに済む。また、海外旅行傷害保険などの保険がつくカードも。キャッシング機能があれば必要な時に現金を借りられる。

 支払い方法は大きく分けて「一括払い」「ボーナス一括払い」「分割払い」「リボルビング払い(リボ払い)」がある。 初心者にとってわかりづらいのはリボ払いだ。月々、一定額もしくは支払い残高に応じた一定割合の額を支払っていく。一般的に3回以上の分割払いやリボ払いは、返済時に「手数料」がかかる。手数料は、支払い残高にカード会社が定める「実質年率」をかけて計算する。

 リボ払いの支払い例を、ファイナンシャルプランナーの上級資格(CFP)を持つ荻野嘉彦さんに作ってもらった。買い物を重ねても毎月の支払額はほぼ変わらないが、支払期間が延び、そのぶん手数料がかかる。リボ払いの手数料の実質年率は、通常の分割払いより高いことが多い。

 リボ払い専用のカードや、申込時にリボ払いが初期設定になっているカードもあるため、しっかり確かめよう。リボ払いの途中で残金を繰り上げ返済することもできる。

 無計画な利用は禁物だ。多重債務者の相談を受ける、公益財団法人日本クレジットカウンセリング協会の尾川尚子さんに相談事例を聞いた。

 29歳の女性は、洋服購入やオ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも