[PR]

 鳥取市嶋の水田に特別天然記念物のコウノトリとみられる鳥が飛来していた。山陰の水田では時折、コウノトリが目撃されている。

 飛来していたのは3月18日。県立鳥取東高校3年藤原基起さんが見つけた。「えさを探しているようだった」(藤原さん)。近づいたら飛び去ったという。

 コウノトリを放鳥している兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市)によると、コウノトリの行動範囲は青森から沖縄までと広く、えさが多い湿地や水田にとどまる傾向がある。放鳥する個体には足環を付けるといい、「足環があった」と藤原さんが話していることから、放鳥された個体の可能性が高い。鳥取市の気高町や青谷町ではたびたび放鳥された個体が目撃されているという。(阿部健祐)