[PR]

 就職情報会社の学情は6日、2017年3月卒業・修了予定の大学・大学院生を対象にした「就職人気企業ランキング」を発表した。全日本空輸が2年連続の1位、日本航空が前年の7位からランクを上げて2位となり、航空大手2社が上位を占めた。

 前年から順位を上げたのが食品業界。味の素が16位から7位、森永製菓が30位から8位に浮上するなど、50位までに15社が入った。年明け以降、景気の先行きに不安感が高まるなか、堅実な業態に人気が集まったとみられる。

 資源安の影響もあり、大手商社で上位10社に入ったのは、16年3月期の純利益が過去最高となる見通しとなった3位の伊藤忠商事だけだった。

 調査は2~3月にインターネットや合同企業説明会の会場で実施し、約1万1千人から回答を得た。(福井洋平)