[PR]

 朝日新聞社は6日、新聞記事を音声で聞く無料のスマートフォンアプリ「アルキキ」の提供を始めた。最新の音声合成技術による違和感の少ない自然な音声が特徴で、「朝は忙しくて新聞を読む時間がないけど、大事なニュースは逃したくない」という人にぴったりだという。

 午前6時に朝刊から選んだ約10本を、8時には朝日新聞デジタルからの新しい記事を加えた約15本の音声ニュースをまとめて配信。長さは計10分弱で、通勤中などスマホ画面が見られないときでも、気軽にニュースをチェックできる。読み間違いやアクセントの不自然さがほとんどない聞きやすい音声になっている。

 操作はごく簡単で、起動して1回タップするだけ。その後は画面を見る必要がないので歩きながらでも満員電車に乗車中でも利用しやすい。耳元の受話スピーカーから聞く「通話スタイル」も可能だ。

 朝日新聞デジタルの該当記事にもリンクが張られており、聞いていて気になったニュース、詳しく知りたいと思ったニュースを「読む」こともできる。

 iPhone(アイフォーン)用とアンドロイド端末用のアプリがあり、各アプリストアにて「アルキキ」で検索するとインストールできる。タブレット端末やパソコンでは利用できない。詳しくはhttp://www.asahi.com/shimbun/medialab/arukiki/

こんなニュースも