[PR]

 タックスヘイブン(租税回避地)にある法人に各国首脳や著名人が関与している実態を暴露した「パナマ文書」に、ロシアのプーチン大統領の親友として知られる著名なチェリスト、セルゲイ・ロルドゥーギン氏の名が含まれていた。プーチン氏の関与を疑う声もあり、9月に下院選を控えるプーチン政権にとって打撃となる可能性もある。

 プーチン氏は7日、パナマ文書の暴露について「社会に政権への不信」を植え付けてロシアを弱体化する意図が込められているとの見方を示した。ロルドゥーギン氏については「我々の会社の一つの株を持っている。稼ぎはあるが、数十億ドルということはない。そのほとんどを費やして外国の楽器を買い、ロシアに持ってきている。彼のような友人を持ったことを誇りに思う」と述べ、自身の関与を否定した。

 ロルドゥーギン氏はかつて、兄が大学生時代のプーチン氏の知人だったことがきっかけで、プーチン氏と「実の兄弟のように」親しくなったと説明している。プーチン氏は旧ソ連国家保安委員会(KGB)に入ったとき、周囲に警察で働くと説明していたが、ロルドゥーギン氏には早くから事実を伝えていたという。

 ペスコフ大統領報道官は多くの友人の一人に過ぎないと強調しているが、プーチン氏の長女の名付け親になったことでも知られ、特別な友人であることは確かだ。音楽家としての活動以外はほとんど知られていないが、プーチン氏の友人らがサンクトペテルブルクに設立し、ウクライナ問題をめぐり米国の制裁対象となった「ロシア銀行」の株主の一人との報道もある。

 パナマ文書を分析した「国際調査報道ジャーナリスト連合」(ICIJ)によると、ロルドゥーギン氏はタックスヘイブンの複数の会社の所有者で、プーチン氏の周辺で少なくとも20億ドル(2千億円余)がその会社や銀行を行き来した。ロシアでは、プーチン氏の関与がなかったとは考えにくいと受け止められている。

 プーチン氏は近年、政治家や官…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら