[PR]

 5月に開かれる伊勢志摩サミットにあわせて、玄関口となる中部空港(愛知県常滑市)に、三菱航空機のMRJとトヨタ自動車の燃料電池車ミライが展示される見通しになった。日本の先端技術を各国の首脳やメディアにアピールする。

 複数の関係者によると、国産初のジェット旅客機であるMRJは、テスト用の飛行機を駐機場に置く方向だ。各国の首脳らは、空港でサミット会場の三重県の賢島行きヘリコプターに乗り換えるため、その目に留まるようにする。

 MRJは、2018年半ばの航空会社への納入開始をめざし飛行テストを重ねており、展示と両立できるよう調整しているという。客室の模型も、サミットのメディアセンターとなる三重県伊勢市の県営サンアリーナで披露する予定だ。

 トヨタが世界初の一般向け販売…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら