[PR]

 「患者を生きる」シリーズの2~3月の連載にいただいたお便りを紹介します。今回は「短歌のはげまし」編へのエピソードです。

 

闘病の決意、短歌に込め

●短歌に重ねた夫との時間

 今も携帯電話の待ち受け画面にメモしている短歌があります。

 一日が過ぎれば一日減ってゆく君との時間 もうすぐ夏至だ

 (乳がんで亡くなった)歌人河野裕子さんの旦那さん(永田和宏さん)の歌です。5年前、53歳だった主人が末期の膵臓(すいぞう)がんを宣告され、治療はせず自宅で過ごしていた頃に知りました。

 私は会社を休み、一緒に過ごしました。「ああ、おいしいねぇ」と好きなものを食べ、「海が見たい」とドライブ。本当に気ままに自由に、でも残された時間は悲しいまでも確実に減っていく、そんな日々でした。

 この歌を知って、あまりにも気持ちがわかり過ぎて怖いくらいでした。ただ、覚悟は持てました。一日一日を、普通に、本当に普通に過ごすしかないし、それが最善なのだと。

 主人はその年の6月に旅立ちました。夏に向かうころ、この歌とともに、あの覚悟と、主人の「おいしいねぇ」を思い出します。

(愛媛県 矢野景子 49歳)

 

●気持ちを言葉にできた

 8年前に子宮体がんの手術を受けました。手術後、抗がん剤治療中に、姉に勧められて短歌を詠み始めました。その後、再発して放射線治療も受けました。

 癌(がん)病めば尚(なお)背を伸ばし歩み行く我に光れる春の白雲

 病院の窓から見た光景に、「負けてはいられない」と決意し、最初に生まれた歌です。短歌で気持ちを言葉にできると、晴れやかな気分になりました。歌がなかったら、闘病を乗り切ることはできなかったかもしれません。

 連載中の「短歌とがんは相性がいい」という言葉はその通りだと思います。真剣に死を見つめ、絶望と希望を味わうからでしょう。

 ベッドの上でもできることがあれば、患者にとって大きな支えになると思います。今も再発が不安になることもありますが、明るく元気に過ごしています。いつか歌集を出すことが夢の一つです。

(大阪府 関原和子 66歳)

 

心のケア、家族にも必要

 今回は、「心のケア」編に頂いたお便りを紹介します。

 

●置き去りになっていた心

 昨年11月、50歳の夫を急性骨髄性白血病で亡くしました。春に病気がわかり、7カ月間の入院のほとんどを無菌室で過ごしました。

 面会は家族だけ。私は毎日仕事が終わると病室に行きました。せめて夕食だけでもおしゃべりしながら食べてほしかったからです。

 夫は、大量の抗がん剤治療、末梢(まっしょう)血幹細胞移植と激しい苦痛を伴う治療を立て続けに受けました。「うちに帰るためだから」と泣き言一つ言わないで頑張っていました。痛みがひどく眠れない日も続きましたが、取り乱すことなく、静かに痛みと闘っていました。

 亡くなった後は葬儀などをこな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも