[PR]

 県高校野球連盟は12日、第98回全国高校野球選手権大会(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催)の和歌山大会の開幕日を7月13日に決めた。試合は全て和歌山市毛見の紀三井寺公園野球場であり、決勝は同月28日の予定。4月9日に新たに開校した和歌山南陵高校(日高川町和佐)が県高野連に新規加盟し、昨年より1校多い40校が出場を予定している。

 和歌山大会の組み合わせ抽選会は6月25日午後1時から和歌山市手平2丁目の和歌山ビッグ愛で。大会期間中、公立高校の終業式がある7月20日は試合がなく、準決勝前日は休養日となる。大会の優勝校は8月7日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する全国大会に出場する。

 また、今年度のそのほかの大会の日程も決まった。新人戦は8月20日から9月11日で、上位4校は秋季近畿地区高校野球大会県2次予選への参加権を得る。1次予選は9月11日から25日まで。1次予選を勝ち上がった4校は新人戦上位4校と10月1日から9日にある県2次予選を戦う。同予選の上位3校は10月22日から11月5日にかけて紀三井寺公園野球場で行われる近畿大会に出場する。

■監督に元プロ岡…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら