[PR]

 「東京」を前面に打ち出した酒や料理が相次いで売り出されている。訪日外国人の増加や2020年東京五輪・パラリンピックを追い風に、「東京の食」の認知度とイメージを高めようという狙いだ。

 23区内で唯一の清酒の酒蔵「小山酒造」(北区)は、約40年ぶりに銘柄「東京盛(ざかり)」を復刻した。1本720ミリリットルで税別3千円。15日に発売したところ注文が相次ぎ、蔵からは完売した。都内の百貨店などで購入できるが、小山久理(くり)常務(37)は「こんなに反響があるとは」と驚く。

 1878(明治11)年の創業。秩父山系の地下水で酒をつくり、東京盛は大正時代、東京の発展を願って発売した。手頃な2級酒で庶民に親しまれたが、40年ほど前、売り上げの減少で製造中止に。高度経済成長期の東京では環境汚染が問題となり、食品にとって「東京」は良いイメージと言えなかった。

 復刻のきっかけは2年前、取引…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら