[PR]

 9日午後0時45分ごろ、神奈川県小田原市久野の「小田原こどもの森公園わんぱくらんど」で、電動遊具のSL型列車「なかよし号」(3両編成)の先頭車両の前輪2輪が脱線した。2、3両目の客車(定員36人)は家族連れなどでほぼ満席だったが、けが人はなかった。同園では3月30日、空気で膨らませる滑り台が風で倒れて子どもら13人がけがをした。

 市から公園事業の委託を受けている小田原市事業協会によると、Y字形のポイントを左に進むはずが直進し、先頭がポイントを約2メートル過ぎた所で止まった。原因がわかるまで運転を見合わせる方針。9日朝に車体と線路の安全点検をした際には、異常はなかったという。