[PR]

 日本中央競馬会(JRA)で16年ぶりに誕生した女性騎手、藤田菜七子(18)は10日、福島競馬第9レースでサニーデイズに騎乗して1着となり、JRAでの初勝利を挙げた。中央競馬通算51戦目だった。

 2番手を進んだ藤田は4コーナーで先頭に立ち、そのままゴールまでリードを守った。藤田は「なかなか思うような騎乗ができませんでしたが、このレースは思い描いた騎乗ができ、初勝利を挙げることができて、ほっとしています」と話した。

 3月3日に地方競馬の川崎競馬場でデビューし、同24日には同じく地方競馬の浦和競馬場で初勝利と2勝目を挙げていた。12日には地方競馬の金沢に遠征する予定だ。