[PR]

 北九州市小倉南区で昨年12月、車が追突され現金約970万円が盗まれた事件で、福岡県警は、福岡県福智町金田、無職田代欣也容疑者(54)ら30~60代の男6人を窃盗容疑で逮捕し、11日発表した。県警は認否を明らかにしていない。

 ほかに逮捕されたのは、北九州市小倉北区南丘1丁目の無職森永良一(55)、同県行橋市草野の無職井上明仁(36)、同県田川市糒(ほしい)の無職藤岡正夫(64)、同県糸田町の土木作業員隈元清隆(47)、同町の無職市室伸一(49)の5容疑者。

 捜査3課によると、6人は昨年12月7日午前11時35分ごろ、北九州市小倉南区横代東町5丁目の市道で、信号待ちしていたガソリンスタンド経営会社の女性従業員(46)の車にワゴン車で追突。女性が車外に出て容疑者の1人と話していた際に、別の容疑者が女性の車に乗って走り去り、車内にあった売上金など約970万円とともに盗んだ疑いがある。現場周辺の防犯カメラ映像などから6人が浮上したという。

 同課によると、女性はスタンドを私有車で集金して回っていた。2台の車は現場近くに乗り捨てられていたが、現金は見つかっていないという。ワゴン車は盗難車だった。(緒方雄大)