[PR]

 2歳の長男をプラスチックケースに閉じ込めて殺害したとして、奈良県警は11日、同県生駒市辻町、会社員井上祐介容疑者(39)を殺人容疑で逮捕し、発表した。「結果として殺すことになったが、殺すつもりはなくしつけとしてやった」と話し、殺意を否認しているという。

 生駒署によると、井上容疑者は10日午後5時50分ごろ、自宅で長男の幸也(ゆきや)君と長女(3)を灰色のプラスチックケース(縦40センチ、横80センチ、高さ30センチ)に押し込めた。ケースの両脇に付いている留め具でふたをロックして20~30分間放置し、幸也君を殺害した疑いがある。11日午前1時すぎ、病院で死亡が確認された。目立った外傷はなく、死因は窒息死とみられるという。

 井上容疑者はリビングで長女と幸也君がテレビをたたいて騒いだことに腹を立ててケース内に入れ、さらに長女を押し込めて閉じ込めたという。井上容疑者が2人を出そうとした際、長女は自分で起き上がったが、幸也君に意識がなかったという。井上容疑者が110番通報した。井上容疑者はこれまでも2人が騒ぐなどした際にケース内に閉じ込めていたと説明しているという。

 現場のマンションは近鉄奈良線の東生駒駅の北側の住宅街。近隣住民によると近年現場のマンションなどに、若い親子らが多く移り住むようになったという。