[PR]

 勉強して準備してオンエアに臨んで、終わったら反省して勉強して……。この繰り返しで、緊張する間もなく毎日慌ただしく過ごしています。先週は震度7を観測した熊本県益城町に行き、住民のみなさんの声を聞いてきました。

 東日本大震災では、市役所の掲示板に貼られた安否確認の名前や電話番号を、関係者の了解を得て中継しました。個人情報を放送するのはタブーですが、連絡が取れたと感謝され、この仕事をやってて良かったと実感しました。現場主義を番組のスタンスとして貫きたいと思っています。

 「報道ステーション」が始まって12年、リポーターとしてずっと現場を走り回りました。最初は何をどう伝えれば良いのかが分からず、決められた言葉をしゃべっていましたが、2004年の新潟県中越地震で被災者と接するうちに、「人に寄り添う」のが報道だと感じたんです。

 08年の中国・四川大地震では数えきれないほどの遺体を目の当たりにし、PTSD(心的外傷後ストレス障害)になりかけました。その時、古舘伊知郎さんがアドバイスをくれました。「自分はみなさんの力になれているんだろうか」と悩む僕に、「おこがましいことは考えなくていい。役に立ちたいと思う気持ちをとにかく貫くんだ」と。それで吹っ切れました。

 11年に「報道ステーションS…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら