[PR]

 トヨタ自動車は小型車のパッソを全面改良し、12日に国内で発売した。現行型は子会社のダイハツ工業との共同開発だが、新型ではダイハツが企画や設計から生産までを一手に担い、軽自動車で培った技術を盛り込んだ。トヨタは8月にダイハツを完全子会社化する予定。新型はグループの新たな小型車戦略の道筋を探る「試金石」となりそうだ。

 全面改良は6年ぶり。排気量は1リットル。エンジンの改良で2WDタイプの燃費を、軽やハイブリッド車を除くガソリン車で国内最高となる1リットルあたり28キロまで伸ばした。

 5人乗りで、車体の大きさは変えずに座席の前後の間隔を広げた。上位グレードには、衝突回避のための自動ブレーキや警報機能を標準装備。幅広い層に乗ってもらおうと、2種類の外観デザインを用意した。価格は消費税込み115万200~183万円600円。

 樹脂製のドアや燃料タンクを採用するなど、軽く安くつくる軽自動車の技術を活用したのも特徴だ。同程度のグレードで比べると、現行型より約10万円安いという。ダイハツの上田亨上級執行役員は「軽のノウハウを余すことなく採り入れた」と胸を張る。

 ダイハツはこの車を「ブーン」として発売。販売目標はトヨタが月5千台、ダイハツは月1千台とする。

 従来のパッソは企画や設計をト…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも