[PR]

 春先から繁殖期を迎えるカラス。県内でも電柱などで巣作りを始めている。しかし、電柱の巣は停電事故の原因になりかねない。東北電力秋田支店は撤去作業を本格化させている。

 秋田市内で11日に行われた撤去作業。電柱の約10メートルの高さにある幅約50センチの巣には卵や親鳥の姿はなかった。作業員は10分ほどで巣を取り除き、風車を取り付け、再び巣が作られるのを防ぐ。4~5月が撤去作業のピークという。

 県内で、昨年1年間に撤去された巣の数は1837個。巣が見つかるのは例年、3月上旬から7月上旬にかけて。今年は暖冬の影響からか、2月下旬から見つかっているという。担当者は「カラスは、早ければ1日で巣を作ってしまう」という。

 巣に鉄線や針金ハンガーなどが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら