[PR]

 江戸時代、タカを飼育し、大名らの狩りに随行した鷹匠(たかじょう)。時代を経て、今は都市部のカラスやハトといった「害鳥」を追い払う仕事を任されるようになった。郡山市でも、商店街などで鷹匠のタカが目を光らせている。

 カラスの群れが空を舞い、ハトが電線にずらりと並ぶ。眼光鋭い1羽のタカがスーッと飛び込んでいった瞬間、カラスはパニックを起こしたように騒ぎ、ハトは飛び去った。

 今月3日、郡山市の食品会社。只見町福井に住む鷹匠の菊地誠一さん(55)が放ったのはタカの仲間、ハリスホークだ。黒褐色の翼を広げれば70センチほどある。

 この食品会社での仕事は5日目…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら