[PR]

 東京・歌舞伎町の飲食店街「新宿ゴールデン街」で12日に発生した火災に絡み、警視庁は13日、出火元の建物に立ち入ったとして、住所不定の無職春名弘容疑者(66)を建造物侵入容疑で逮捕し、発表した。容疑を認めているといい、警視庁は火災との関連を調べる。

 四谷署によると、春名容疑者は12日午後1時20分ごろ、新宿区歌舞伎町1丁目の木造2階建ての建物2階空き店舗に、正当な理由がないのに侵入した疑いがある。付近の防犯カメラには、午後1時18分ごろに1階の入り口から建物に入って2階の空き店舗に上がり、約5分後に立ち去る様子が映っていたという。

 署は13日午前、現場から数百メートル離れた場所で、防犯カメラの映像の男によく似た春名容疑者を発見。事情を聴いたところ、建物に入ったことを認めたことなどから逮捕した。酒に酔っていたという。春名容疑者が立ち去った直後の12日午後1時半ごろに出火が確認されており、署は、春名容疑者が建物に入った目的を調べる。

 捜査関係者などによると、防犯カメラには出火直前、現場付近の複数の飲食店のドアノブを回すなど、扉が施錠されているかどうか確認するような春名容疑者の姿が映っていた。ふらつきながら歩いていたという。侵入したとされる空き店舗は焼き鳥店を開店するために内装工事中で、この日は朝から業者4人が出入りしていた。だが、4人は午後0時半ごろまでに現場を離れ、無施錠だったという。