[PR]

 カフェのようなコーヒーを自宅で味わいませんか――。長久手市の障害者支援NPO法人「楽歩(らふ)」と豊田市の文化施設「猿投棒の手ふれあい広場」が30日、同法人が運営する就労支援施設に通う障害者が講師となるコーヒー教室をふれあい広場で開く。20日から参加者を募集する。

 教室では、パニック障害などを抱える「焙煎(ばいせん)士」ら2人が、参加者に豆の選び方やひき方、コーヒーのおいしい入れ方などを教える。

 教室を企画した同広場の山内勝実さん(66)は「コーヒーに精通することで就労を目指す障害者が、一般の人たちを相手にすることで自信をつけてもらいたい」と話す。

 先着15人、1千円。問い合わ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース