[PR]

 デザインや性能、価格もワンランク高めのシャープペンシルやボールペンの売れ行きが好調だ。インターネットの動画サイトで、芯の折れにくさや使い心地のよさを伝える投稿が増えたのも貢献しているようだ。

 三菱鉛筆の「ジェットストリーム」シリーズは、滑らかな書き味の評価が高いボールペンだ。通常、税別価格は150~1千円だが、2013年10月からボディーの素材や塗装にこだわった高級版「プライム」を売り出した。最も値が張るものは5千円もする。

 三菱鉛筆広報の神崎由依子さんによると、こうした高級筆記具が会社員や若い女性から支持され始めたきっかけは、08年秋のリーマン・ショックだという。経費削減で会社の支給品が減り、自前で好みの筆記具を求めるニーズが育った。「書き味だけでなく、素材や見た目にこだわって選ぶ人が増えた」

 「芯が折れない」というゼブラ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら