[PR]

 熊本県を震源とする地震について、河野太郎防災担当相は15日未明、首相官邸で記者団に対し、「警察のヘリの赤外線の映像を見るかぎり、相当数の家屋の崩壊半壊があるだろうと思う」と述べた。また、負傷者について「熊本市内にも負傷者が搬送されていて、(患者の負傷程度により優先順位をつける)トリアージをしているという情報もある。まだまだ負傷者の数が増えるおそれがある」とも語った。