[PR]

 川崎市の有料老人ホームで入所者の男女3人が相次いで転落死した事件で、横浜地検は15日、3件目の殺人罪で元職員の今井隼人容疑者(23)を追起訴し、発表した。一連の捜査が終結した。

 起訴状によると、今井容疑者は2014年12月31日午前1時10分ごろから午前2時ごろまでの間に、川崎市幸区幸町2丁目の老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で、女性(当時96)の体を抱えて6階のベランダから落とし、殺害したとされる。

 今井容疑者はこれまで、同年11月3~4日に男性(当時87)を、同年12月9日に女性(当時86)をそれぞれ4階のベランダから転落させたとして、殺人罪で起訴されている。