[PR]

 民泊仲介サイト「TRAVEL―labo」を運営する、FCS―labo(本社・東京)は、熊本地震の被災者が、サイトに登録された民泊施設を無料で利用できるサービスを始めた。

 同社の東京本社(電話03・5439・4227)か、大阪支社(電話06・6765・8333)に平日午前9時半~午後6時に電話で申し込むと、登録されている九州地方の民泊施設から順に紹介するという。宿泊費用は仲介サイトの運営事業者が負担する。

 登録施設数には限りがあるため、子どもや高齢者がいる家族を優先的に案内する。満室になったら募集をいったん中止する。

 九州地方での空き家や空き部屋の提供者も募集している。施設が登録されれば、同社のフェイスブックページで告知するという。

 仲介サイトのURLはhttps://www.travel-labo.com/?locale=ja別ウインドウで開きます