[PR]

 通信が途絶えているX線天文衛星「ひとみ」について宇宙航空研究開発機構(JAXA)は15日、「衛星の姿勢を制御する機能の設定にミスがあった」と発表した。姿勢を立て直すはずが回転を加速させてしまい、機体の分解につながった可能性があるという。

 ひとみには、星の位置などから姿勢を正常に保つ機能がある。JAXAによると、3月26日午前4時10分ごろから、位置情報の取り込みに失敗し、実際は回転していないのに回転していると衛星が判断した。制止させようと逆回転させる機能が働き、回り始める問題がおきた。

 さらに、姿勢を立て直そうとしたところ回転を加速させてしまった。2月の打ち上げ後に再設定した値が誤っていたことが原因という。

 JAXAでは、人為的なミスだ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら