[PR]

 16日未明に熊本地方を震源地とする強い地震が発生したことを受け、安倍晋三首相や菅義偉官房長官らが午前3時過ぎから官邸に緊急参集し、情報収集に努めるとともに対応を協議した。

 菅長官は午前3時半過ぎに記者会見し、被害が熊本県だけでなく大分県にも及んでいると説明。「閉じ込め、生き埋め、土砂崩れ、道路崩壊など各地で甚大な被害が発生している模様だ」と語った。「原子力施設については、被害の情報は入っていない」とした。

 また、政府は16日未明、同日予定していた首相による被災地の視察を中止すると発表した。