[PR]

 熊本空港(熊本県益城町)ターミナルビルでは天井板の一部が落下するなどし、ビルを管理する熊本空港ビルディングは16日午前4時45分に閉鎖を決めた。復旧のめどはたたず、同日の国内線全72便と国際線全2便が欠航になった。

 熊本市で一人暮らしをする父(81)と東京に向かう予定だった会社員有村智朗さん(51)=東京都大田区=は空港係員から欠航を知らされた。「がくぜんとした。父は体が不自由なので陸路での長時間の移動は厳しい」と言い、タクシーで熊本市方面に引き返した。

 熊本市東区の男子大学生(21)は東京での就職説明会に参加するため、空港を訪れた。「まさか飛べないなんて。諦めるしかない」と途方に暮れていた。