[PR]

 熊本地震の被害に対し、台湾で支援の動きが出ている。台湾の外交部は16日夜、馬英九(マーインチウ)総統が50万米ドル(約5500万円)の追加支援を指示したと発表した。15日に熊本県に1千万円を寄付すると明らかにしていた。日本政府に対し、救援隊派遣の準備があることも伝えたという。

 一方、野党・民進党は義援金100万台湾ドル(約340万円)を寄付すると発表。2月に地震に見舞われた台湾南部・台南の頼清徳市長や高雄の陳菊市長は「震災時に熊本から支援を受けた」として給料1カ月分の寄付を表明するとともに、市として熊本県への義援金受け付けを始めた。(台北=鵜飼啓)