[PR]

 トヨタ自動車は17日、グループ会社を含む国内15の自動車組み立て工場で、18~23日の操業を段階的に止めると発表した。熊本県などで地震が続き、九州からの部品の供給が滞っているためで、国内工場の大半の生産が止まることになる。

 愛知県にある主力工場と、岩手、宮城、東京、静岡、三重、岐阜、京都にある組み立て工場も19日以降、部品の在庫がなくなった生産ラインから順次、止める。高級車「レクサス」をつくるトヨタ自動車九州(福岡県宮若市)の工場は先に15日から、操業を見合わせていた。

 23日までに数万台の生産に影響が出る見通しだ。その後も生産を止めるかどうかは、部品の供給状況をみて20日をめどに判断する。

 熊本市にあるトヨタ系の部品メーカー、アイシン九州の工場が14日の地震直後から操業を止め、復旧のめどが立っていないためだ。アイシンのドアやエンジンの部品は、他の自動車メーカー向けのものもあった。岡山県倉敷市にある三菱自動車の工場も、軽自動車などの生産を18日に減らし、19日に止める予定だ。

 大きな地震がなお相次いでいるため、熊本県内にある工場では製造設備の確認や復旧作業が遅れている工場も目立つ。半導体大手ルネサスエレクトロニクスの子会社で、自動車用半導体などをつくる川尻工場(熊本市)では、危険な薬液やガスを使う製造設備の点検が遅れ、再開のめどが立たない。「半導体は種類が非常に多く、状況の把握に時間がかかる」(広報)として、取引先への影響もまだわからないという。