【動画】九州自動車道の上に崩落した「府領第一橋」=16日、竹井佑樹撮影
[PR]

 16日未明に熊本県内で起きた本震で、同県甲佐町の九州自動車道をまたぐ跨道(こどう)橋のひとつが崩落した。国土交通省によると、全国の高速道に跨道橋は約5800(2014年10月現在)あるが、専門家は「跨道橋が完全に崩落した前例は記憶にない」と話している。

 熊本県によると、この橋は県道の「府領第一橋」(長さ61メートル)で、1974年に旧日本道路公団が建設し、その後県に移管された。西日本高速道路(NEXCO西日本)によると、鉄筋コンクリート製の橋桁を鋼製の支柱6本などで支える構造だったが、地震の揺れなどで支柱が外れて落橋。衝撃で橋桁が折れたとみられるという。

 自動車や人の被害はなかった。

 高速道路は対向2車線ずつに加え、近くの緑川パーキングエリアに出入りする車線もあるが、崩落した橋で完全にふさがれている。同社は17日に撤去作業を始めたが復旧の見込みが立たない状況だとしている。

 高速道路上の跨道橋をめぐっては、会計検査院が13年に全国で安全点検に不備があると指摘。これを受けて国交省が、橋を管理する都道府県や市町村に点検や補強を呼びかけていた。今回の府領第一橋は14年の点検で支柱のさびが問題視されていた。耐震診断や工事については熊本県は18日、「調査中」としている。

 現地を調査した幸左賢二・九州工業大教授(橋梁〈きょうりょう〉工学)は「跨道橋が崩落すると事故だけでなく流通の生命線も止まり復旧も遅れる。高速道路の管理者と跨道橋の管理者が違う場合は、耐震化の意識に差がある場合もあるが、補修や耐震化に十分な予算が必要だ」と話している。(竹野内崇宏)