[PR]

 子どもの学力が学年が上がるにつれてどれだけ伸びているかをつかむ調査に、埼玉県が独自に取り組んでいる。それぞれの問題の難易度を踏まえ、得点を調整する手法を自治体で初めて用い、学力の変化を把握できるようにした。教育政策の効果の検証にも使えると国も埼玉県に協力を求め、研究に乗り出す。

 14日、埼玉県の学力・学習状況調査が、さいたま市を除く県内の全公立小中学校であった。

 昨年に続き2回目で、対象は小4~中3の約30万人。小学生は国語と算数、中1は国語と数学の2教科、中2、中3は英語を加えた3教科を受けた。

 川口市立十二月田(しわすだ)…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも