[PR]

 熊本市中央区の「竜之介動物病院」に、犬や猫などペットを連れた被災者200人以上が身を寄せている。ペット連れでは市内の公共の避難所の屋内に入れないためだ。2011年に東日本大震災の被災地を訪れた徳田竜之介院長(54)が、ペットも受け入れる施設の必要性を痛感。2年半前、「いざという時」のために病院の床面積を3倍に広げていた。

 「16日未明の大きい地震で近所の塀も崩れて危なかった。フェイスブックでここで受け入れてもらえると知って来ました。本当にありがたい」。市内の会社員菅村理さん(62)は、愛猫みつまめ君(5)と一緒に避難してきた。みつまめ君は地震後、ずっと自宅の隅にいて動かなかったが、病院に来て少し落ち着いた。

 愛犬もも(6)と避難してきた、市内の無職戸崎順一さん(67)は、当初は車中で過ごしていた。しかし、ももの容体が急変。息が荒くなり、ぐったりしたため、病院に連れてきた。熱中症だった。「ここで受け入れてくれるとわかっていれば、最初から連れてきた。助かって良かった」

 病院は4階建て。1、2階が病院で、3、4階は動物看護師などを養成する専門学校になっている。もともとは2階建てだったが、徳田院長が東日本大震災後の11年夏に福島を視察。避難の際にペットを置き去りにせざるをえなかった飼い主の苦悩を知り、病院裏の職員の寮も取り壊して、病院を広く使えるように建て直した。1週間分のペットフードと水も備蓄した。

 今回の地震では、最初の大きな揺れがあった14日夜に避難所として開放。院長のブログやフェイスブックでペット同伴可の避難所と知らせたところ、続々と避難者が集まってきた。避難所になっている学校からも「そちらで受け入れてもらえるか」という問い合わせが相次ぎ、専門学校の教室などでペットを連れた約200人が過ごしている。

 動物看護師長の白石史絵さん(42)は「車中泊では興奮しやすい犬もいて、熱中症になってしまう危険がある。こうした事態を少しでも防ごうというのが、この病院を建てた目的でもあります」と話す。

 病院には、被災地で保護された動物なども運び込まれている。当初は1日に約200匹運ばれてきた。徳田院長は「まるで野戦病院のよう。流通が回復せず、薬が足りない」として、ホームページの動画で自ら支援を呼びかけている。ホームページは、http://www.ryunosuke.co.jp/別ウインドウで開きます(青木美希)