[PR]

 マンガ文化に大きな足跡を残した手塚治虫の業績を記念する手塚治虫文化賞(朝日新聞社主催)の第20回受賞作が決まった。マンガ大賞は、一ノ関圭さんの「鼻紙写楽」とあずまきよひこさんの「よつばと!」の2作。新生賞は「町田くんの世界」の安藤ゆきさん、短編賞は中崎タツヤさんの「じみへん」、特別賞は京都国際マンガミュージアムが選ばれた。

 贈呈式は、第20回記念イベントと併せて5月29日に東京の有楽町朝日ホールで開催する。それぞれに正賞のブロンズ像と副賞100万円を贈る。

一次選考結果(4位まで)

①ゴールデンカムイ(野田サトル、集英社)=16点(南5、中野4、みなもと4、杏3)

②鼻紙写楽(一ノ関圭、小学館)=12点(中条5、みなもと4、中野3)

②よつばと!(あずまきよひこ、KADOKAWA)=12点(里中5、ヤマダ4、あさの3)

④乙嫁語り(森薫、KADOKA…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら