[PR]

 僧侶で作家の瀬戸内寂聴(じゃくちょう)さん(93)や前厚生労働事務次官の村木厚子さん(60)らが18日、貧困や虐待、いじめ、薬物依存などに苦しむ女性を支援する全国ネットワーク「若草プロジェクト」を立ち上げると発表した。全国の様々な支援団体などをつないで、ワンストップの相談窓口をつくる。

 永山則夫・元死刑囚の弁護人だった大谷恭子弁護士が代表を務める。地域や分野ごとに個別に活動している支援者・支援団体のリストを作り、相談窓口に連絡してきた女性に伝える。近くメールでの受け付けを始め、10月から本格的にSNSや電話などで実施する。

 そうした女性の実情や支援活動の現状を広めるため、千葉景子・元法相や映画監督の山田洋次さん、上野千鶴子・東大名誉教授らが呼びかけ人に名を連ねる。賛助会員も募集する。

 一方、法律や福祉、医療など専…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら