[PR]

 2015年に報告があった保育施設での事故で、乳幼児14人が亡くなっていたことがわかった。前年より3人少ないが、依然として多くの幼い命が失われている。重大なけがを含め、報告された事故の総数は399件に上った。内閣府が18日に公表した。

 亡くなった14人のうち10人は認可外の施設で、このうち1人は自治体が独自に補助する施設だった。認可施設は4人で、定員20人以上の認可保育所が2人、定員6~19人の小規模保育所が1人、幼保連携型認定こども園も1人だった。

 年齢別では0歳児が7人で半数を占め、1歳児5人、2歳児と3歳児が1人ずつ。睡眠中の事故が10人で、このうち6人がうつぶせの状態で、いずれも認可外保育施設だった。ほかに1人が食事中で、残る3人はその他の状況だった。

 昨年4月に始まった子育て支援…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら