【動画】小型無線飛行機で撮影した熊本県南阿蘇村の被害状況=国土地理院提供
[PR]

 国土地理院は、熊本地震の被災地を小型無人飛行機(ドローン)で撮影した動画を18日に公開した。

 熊本県南阿蘇村の土砂災害の状況を17日に撮影した動画では、山王谷川沿いの斜面で崩壊が起こり、木がなぎ倒されている様子が映っている。押し流された土砂が下流で川からあふれ、農地にたまっていた。

 南阿蘇村河陽周辺で18日に撮影した動画では、地震の揺れで崩壊した斜面、崩壊に伴ってできたとみられる地表の亀裂がわかる。平らな農地や道路を横切って直線状に並ぶ亀裂は、断層のずれとみられる。亀裂が途切れる場所は、断層のずれが地表に現れた東端の可能性も示された。