[PR]

 成田空港で17日夜、台北発の国際線利用者のうち47人が入国手続きを済ませないまま入国するトラブルがあった。原因は、航空機から到着口に乗客を運ぶバスへの指示が誤っていたことだった。強風による運航の変更が多発したことが影響したとみられている。

 乗客の入国トラブルがあったのは、台北発の格安航空会社(LCC)バニラエア104便。乗客159人が誤って第3ターミナルビルの国内線到着口に誘導され、47人が入国手続きを済ませないまま入国した。

 同機は成田空港に午後5時に着く予定だったが、空港周辺が強風で、中部国際空港に代替着陸。成田には午後9時45分に到着した。駐機は第3ターミナルビルから離れた「沖止め」を使用。バスが誤って国内線到着口に輸送した。

 成田国際空港会社に委託されバ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら