[PR]

 旅先などで枕が変わると寝付きが悪くなるのは、脳の左半球が睡眠中も活動を続けるから――。こんな分析を米ブラウン大の佐々木由香准教授(認知心理科学)らの研究チームが発表した。慣れない環境では脳が無意識に覚醒し、物音などに反応しやすい警戒状態が続くため、ぐっすり眠れなくなるらしい。

 米専門誌カレント・バイオロジー電子版に論文を発表した。研究チームは、男女11人に研究施設に泊まってもらい、深く眠った状態の時に、脳の活動で生じる微小な磁場の変化を専用装置で測定。脳の左右の半球で活動の違いなどを比べた。

 初めての宿泊では、深い眠りに…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも