[PR]

 「黙れ、小童(こわっぱ)!」。NHK大河ドラマ「真田丸」で室賀正武役を演じた俳優西村雅彦さん(55)が20日、上田市上室賀に残る戦国時代の室賀氏の墓を訪ね、手を合わせた。ドラマでは正武が発する「黙れ……」のセリフが人気を呼び、一般には知名度の低かった室賀氏の名前を全国に広めた。

 室賀氏の墓は同地区の前松寺の裏山の一角にある。元々、約300メートル離れた毘沙門堂にあったが、江戸時代、荒廃していた墓を村人が寺の裏山に移して整備したという。前松寺には、正武の曽祖父・盛清と祖父・信俊の位牌(いはい)が安置されている。移された墓はその後も住民らによって整備され、最近では2011年に改修された。

 正武は第11回の放送で真田昌幸に謀殺される役柄。西村さんは「昌幸の方が一枚上手だった。(正武は)真っすぐな男ではなかったかと思う」。

 西村さんが室賀氏の墓を訪れるのは放送前の昨年12月30日に次いで2回目。「無事に演じ終えました、という報告です。今の時代になっても、この地域の人たちが室賀家の人たちを大事に思っていることを感じる」と話した。江戸時代から墓を維持してきた村人の子孫の1人、西沢三郎さん(81)は「200年以上守ってきた。やっと日の目を見たかと思う」と、西村さんの墓参を喜んだ。(鈴木基顕)