科学技術の進歩に寄与した人に贈られる日本国際賞の授賞式が20日、天皇、皇后両陛下を迎え、東京都千代田区の東京国際フォーラムで開かれた。今回の受賞者は、材料科学の新たな領域を開拓した東京工業大の細野秀雄教授(62)と、ゲノム解析手法を通じて作物の計画的な育種に貢献した米コーネル大のスティーブン・タンクスリー名誉教授(62)。同日夜には都内で祝宴があり、両陛下と受賞者が歓談した。

関連ニュース