朝日新聞所蔵の10万枚以上の皇室写真からえりすぐりを紹介する「皇室写真館」。今回は2000年を特集します。

 この年、天皇、皇后両陛下はヨーロッパ4カ国を訪問しましたが、その一つ、オランダは第2次世界大戦中に日本軍がオランダ人を抑留したことから、反日感情が懸念されました。出発前の会見で、天皇陛下は「戦争によって多くの犠牲者が生じ、今なお痛みを抱えている人々がいることは本当に心の痛むこと。一層の友好関係を進めていきたいと願っていることを伝えたい」と述べられています。

 訪問中、両陛下は現地の人たちに溶け込むべく、精力的に活動しました。小児身体障害者施設「ミチル・スクール」で、皇后さまはおもちゃの王冠をかぶった子どもを抱き上げたり、髪留めを手にした女の子にしゃがみ込んで話しかけたり。雅楽公演の会場に車で到着するなり、皇后さまは雨にもかかわらず小走りで天皇陛下と車の間をすり抜け、体が不自由なクラウス殿下のもとに駆け寄って手を取りました。いずれもお二人の気持ちが色濃く表れた場面といえるでしょう。

 両陛下の思いが通じたのか、元…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら