[PR]

 熊本県内で地震の取材をしていた関西テレビ放送(大阪市)の中継車が給油待ちの車列に割り込んで給油をした問題に絡み、同じフジテレビジョン系列の仙台放送の関連会社「仙台放送エンタープライズ」は19日、40代の男性社員が虚偽の内容をツイッターに書き込んだとして、同社ホームページにおわびの文書を掲載した。

 同社によると、社員は17日、自身のアカウントで「話を調べると、自分たちの燃料をドラム缶等で持ち込んできていて、危険物の管理をGSにお願いしているらしい」などと、事実とは異なる内容を書き込んだ。社員は社内の調査に「臆測で書いてしまった」と話しているという。

 同社は「社会人としてあってはならない行為であり、多くの皆様にご迷惑をお掛けしましたことを深くおわび申し上げます」と謝罪。「厳正な処分を検討している」という。仙台放送も19日、おわびの文書をホームページに掲載した。(滝沢卓)