[PR]

 中立的な報道で知識層に人気がある香港紙「明報」が「パナマ文書」をめぐる特集を組んだ直後に編集幹部を突然解雇し、社員らが抗議する騒動になっている。同紙は「経営が苦しくなり、やむを得ずリストラした」と説明しているが、幹部は政財界を批判する姿勢で知られ、保守的な上層部に排除されたのではないかとの見方も出ている。

 解雇されたのは、日々の紙面の内容を決める立場にあった姜国元氏。かつて民主派寄りのリンゴ日報で編集長をしていた。

 香港メディアによると、多くの社員が帰宅後の20日未明に突然、編集長から解雇を通知された。明報は20日付で「パナマ文書」をめぐる5ページの特集を組み、香港の財界人や元政府高官らがタックスヘイブン(租税回避地)に会社を設立していたなどと報じていた。

 特集と解雇の直接の関連は不明…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも